住所

自分がわからない時におススメの自分を知る3つの方法

2016年6月29日

カラーセラピーやヒプノセラピーのカウンセリングにいらっしゃる方のほとんどが「自分がわからなくて」と、おっしゃいます。ふむふむ・・・わからないでもない!その気持ち!!

 

【自分がわからないってどういうこと?】

自分のことが一番厄介なんですよね・・・。口ではどんなことを言っていても、自分のことを幸せにしたいし、幸せになりたいと思うのが人間です。

幸せになれなかった時のために自分を納得させるための言葉をいっぱい用意して、思う通りにならなくてもその言葉で無理やり自分を納得させて傷ついていないふりをしたりもします。

それが長く続くと、納得させることや自分の本当の気持ちを見ないように気づかないようにしてしまう癖がついちゃいます。そのうち自分が本当はどうしたいのかを考えることをやめてしまい、自分がわからなくなってしまうのです。。。

 

【おススメ1!わからない時こそよそ見をする】

混乱中の時はまずはちょっとだけ落ち着いてみましょうね。わからないと思えば思うほど混乱します。焦りも出てきます。

「あ~~!どうしたらいいの?早く答えを出したいのに」

「モヤモヤしてるけどこれはいつまで続くの?」

「答えが見つからなかったらどうしよう」

などと考えてしまうことが多いので、まずは一旦落ち着いて、お茶を飲んだり自然豊かな場所で深呼吸をしたり、ヒーリング音楽を聞いたりお友達と会ったり、何か気分転換というかそのことに集中しない状況を作りましょう。

ずっと同じところを見ていると、どんどんピンポイントで焦点を当ててしまうので、かなり辛くなります。わからない時こそよそ見をしてみましょう。

 

【おススメ2!自分の感情に目を向けてみる】

よそ見をして冷静になったら今度は自分の感情に目を向けてみましょう。

どうしたらわからない時は選択肢がいくつかある場合もありますね。その選択肢を全部書き出してみましょう。

そして声に出して読んでみましょう。どんな感じがしますか?

心地よい感じ?

何か言葉が詰まる感じ?

心がざわざわする感じ?

心が軽くなる感じ?

悲しくなる?

怒りを感じる?

どんなことでもいいですので、感じたことをメモメモ。

心地よくなったり、心が軽く感じるのはどの選択肢だったでしょう。

ひょっとしたらその選択肢が本当にしたいことではありませんか?

ざわざわしたり、悲しくなるのは何か違和感を感じるからかもしれませんよ。。。

image2785

【おススメ3!自分の中にある答えに気づく】

「答えは自分の中にある」と言われたことや聞いたことはありますか?どういうことかわかるようなわからないような感じだと思いませんか?私はさっぱりわかりませんでした^^;

本当はあるんです、やりたいことや行きたいところが。でも失敗したり期待通りの結果が出なかった時に傷ついてしまうのが嫌だから、そこに目を向けていない可能性もあるのです。

もうひとつは、過去に自分がやりたいことをやって傷ついたり悲しくなった記憶があって、また同じような思いをするのではないだろうかと怖くなって、やらないということを選択していることもあります。

どちらにしても自分の本来の思いとは別な方向に意識を向けようとしていますよね。。。これがわからなくなる原因です。

違う答えを出そうとしてしまっているから潜在意識では「やだ~!そっちじゃない!」と言い、意識では「この方が傷つかない、誰にも迷惑をかけない」などと自分を騙そうとして綱引きをしているんですよ。

頭で考えないで心で感じるものを信じて行けると答えはちゃんと見つかります。

 

【自分を知るために普段からできること】

頭で考えないって・・・心で感じるものって・・・と思いますよね。

ちょっとしたトレーニングで潜在意識で感じていることに目を向けられるようになりますよ。

自分に時々問いかけてみてください。簡単な問いで良いですよ。

ランチを決める時、「今日のランチはパスタ?ハンバーグ?」

ドライブ中、「次の信号右に行く?左に行く?」

買い物で迷っている時、「右と左どっち?」

など、こんな質問でいいですよ。答えは頭で考えずに0.2秒で答えましょう(笑)

この早さが大切です。口からポロっと言葉が出るかもしれませんし、指を指すかもしれませんし、視線が動くかもしれません。

0.2秒で出た答えがその時に本当に望んでいることなのです。

 

【意識はウソをつく】

意識は思考です。思考は自分以外の人のことを考えたり、見たりして判断をします。それもとても大切ですよね、周りを見て行動をする、相手を思いやるというのは大切です。

でもそれと本当の自分の気持ちは別だったりします。この状況ではこうした方がいいと自分にウソをついてしまうことも多いです。

まずは0.2秒で答えを出して、この状況でそれをするための方法を考えればいいだけです。

自分がわからなくなったら・・・

①よそ見をする

②感情に目を向ける

ただこれだけです^^

そのためのトレーニングを日々実践してみてくださいね。