住所

パーソナルカラーと着たい色

2015年5月29日

パーソナルカラーの診断を受けたからといって、必ずパーソナルカラーを身につけなくてはいけない・・・というわけではありません。

似合うとわかっていてもなかなか手に取るのに勇気が必要・・・ということもあります

今までビビッドな色ばかり着ていたのに、似合うからといってパステルを着るようにと言われても受け入れにくいですよね

そんな時は無理をしなくても大丈夫です

image2239

パーソナルカラーはあくまでも目安かなと思います。

もちろん顔色が良く見えて、元気に見えて、しみしわが目立たないというのは女性にとってはものすごいうれしいことです

でも身につけることで心が穏やかではないのであれば、心を優先しましょう

 

心が元気じゃないと、外に出るのも誰かに会うのも億劫になっちゃいます

心も体も元気でいられるように活用するのが一番

パーソナルカラーに縛られることはありませんよ

ただ・・・

やっぱりパーソナルカラーはお利口なものですけどね

 

心のバランスをサポートする、バランスサポーターの山岸ひとみでした

 

 

 


本当にやりたいことを考える

2015年5月28日

「○○をしてみたいけど無理かなぁ」

「○○を続けたいけどダメか

なぁ」

「○○を辞めないと○○はできないのかなぁ」

なぁんて思うことはありませんか。

 

「けど」とか「でも」とか言っているうちに、本当に自分がそれをしたいのかどうかもわからなくなってしまうこともありますよね

しない理由を考えてしまっているのか、無理でしょ?と自分を納得させたいのか・・・

そんな時はこう考えてみてはいかがでしょうか。

 

『今の環境は状況を全く無視をしていいとしたら、どんなことをしてみたいですか』

 

どんな答えが出てくるでしょうか

出た答えが「やっぱり○○してみたい」

だったら、今度は今の状況や環境でどうやったらできるかを考えてみましょう

 

ほんの少し誰かの力を借りるとできるのかもしれませんし、

ちょっとだけ時間を作る努力をするとできるかもしれませんし、

全部が実現しないとしても、少しだけできるかもしれないじゃないですか

最初からできないと諦めずに、本当にやりたいことなら今の状況でできることからゆっくりと考えて始めてもいいではありませんか

 

本当にやりたいことならきっと方法は見つかりますよ

諦めるのはいつでもできるから、まずはどうやったらできるか、視点を変えてみましょう

 

心のバランスをサポートする、バランスサポーターの山岸ひとみでした

 

 

 


相手を責めず、原因を考える

2015年5月27日

私よりずっとずっと若い女性と話をしていて、何だかとっても心に残った話です。

 

接客業をしているその方は毎日いろんなハプニングがあるそうです

お客様からの問い合わせ電話や店頭で商品について聞かれることもしばしば。

時にはお客様からお叱りを受けることもあるそうです。。。

 

そんなエピソードを伺っていて、ひとつ気づいたことが

お客様を責めていないということ

中には少々理不尽では

とか

それってお店の責任かなぁ

とか感じることもあるのですが、全くお客様を責めるような言い方をしないんです。

 

怒っているお客様がいたら、「なぜ自分は怒られてしまったのだろう」

とか

「怒らせてしまった原因はコレだから改善しなくては」

とか考えているんです

 

高校を卒業してそれほど経っていない女性ですが、とてもステキだなぁと感じました。

そして、ついつい誰かを責めてしまったり言い訳をしてしまう自分が恥ずかしくなりました

ひとり反省会します。。。

 

心のバランスをサポートする、バランスサポーターの山岸ひとみでした

 

 

 


自分の使命はなに?

2015年5月26日

【使命】というと何だか壮大な感じがしますね

人生かけてやりたいことや、仕事を通してやりたいこと、ライフワーク・・・などなど。

行動を起こさずにいられないこともそうかもしれませんね。

そんな自分の使命は何だと思いますか

 

先日友人たちと話をしていて、仕事やスキルを使って何をするか・・・という話になりました。

妄想を含めていろんな意見が出てきました。

そして、みんな気づいちゃった

やりたいこと【使命】と思っていることの対象が過去の自分に手を差し伸べることだと・・・。

 

職場でストレスを抱え体を壊した人は、職場ストレスを抱える人を助けることをしたいと思い、

仕事で失敗をした人は、仕事で失敗しないようにサポートすることをしたいと思い、

子供のころ、とても大変な思いをした人は、子供たちのために何かをしたいと思い、

介護で大変な思いをした人は、介護の体制を整えたり、介護者の負担を軽減することをしたいと思う。。。

 

という感じに、過去の自分の経験が強烈であればある程、昔の自分と同じ状況にいる方々の力になりたいと思う傾向があるように感じます。

「自分の使命は、過去の自分を癒すこと

この言葉がすごく心に響きました。

 

当時の自分と同じような経験をしている方たちの役に立つためには、その経験を自分の中で消化していることが必要なんだなぁと感じました。

未消化だと、その頃の自分を思い出し、悲しんだり責めたりしてその頃に自分が戻っちゃう

それじゃあ、誰かの役に立つことなんでできやしないから、自分のことはクリアしていること・・・大切です

 

人生って上手くできてるなぁ・・・

 

心のバランスをサポートする、バランスサポーターの山岸ひとみでした

 

 

 


仲間がいる幸せ

2015年5月25日

先日聞いたセミナーの中で「諦めるから失敗になる。諦めなければ経験になる」というフレーズがありました。

納得です

確かにそうだなぁと思います。

 

頭ではわかっていても諦めちゃうこともあるような気もします。

じゃあ諦めないためにはどうしたらいいのか。。。

意思を持つ

覚悟を決める

目標を見据える

などなどあるんだろうなぁと思います。

 

それらも大切ですし、意思がないとすぐに心が折れちゃうかも。。。

自分以外の誰かがいてくれたらがんばれるような気がしませんか。

大切な誰かのためだったり、同じ目標を持っている仲間だったり、そばで見守ってくれる人だったり。

image2459

ひとりだと不安や孤独感に押しつぶされそうになるかもしれないけど、誰かがいてくれたらちょっとだけ手を貸してくれたり、ちょっとだけ支えてくれたり、ちょっとだけ背中を押してくれたりするような気がするんです

時には「諦めんなよ~~~~~~~」と、喝を入れてくれたりね

 

そんな人が側にいたらきっと幸せですね

その人は彼氏や彼女じゃなくてもいい。

年齢も関係ない。

お互いに信頼しあえる関係の人

 

そういう人がいる人はきっと強いね・・・。

誰かに側にいてもらえる存在に、誰かの側にいられる存在になりたいと思う今日この頃です。

 

心のバランスをサポートする、バランスサポーターの山岸ひとみでした