住所

自分を成長させるために、違う意見も楽しむ♪

2015年7月28日

10人の人がいたら、10通りの意見があるはずです。

同じような意見であってもよ~く聞いてみるとちょっとニュアンスが違ったり、根本は一緒だけど+αの部分が違ったりするのです。

ひとりでは同じような感覚でしか捉えられないことも、いろんな意見を聞くことで違った角度から物事を捉えられることも多いはずなんです。

違う意見を、自分とは違うからおかしいとか、どうしてそういう考えしかできないんだとか、何でこの意見に納得できないんだとか、思う必要はないんですよね。

それはそれで意見として「へ~~」と、思えたらとっても楽ですよ

ただね、会議や何かを決定しなきゃいけない場面だと「へ~~」だけじゃダメなんでしょうけどね

 

先日、友人がある集まりでタンカを切ったらしい

詳しく話を聞いて、「良く言った」と、賞賛しました(笑)

決めつけたような言い方をされたようで、その決めつけが私たちにとって侮辱に近いかなぁと思ったんですよね。

そう、決めつけも良くないですよね。

いろんな考えがあるのが当然なのに、「どうせ○○なんでしょ」的に言われるとこれは・・・チッってなる(笑)

 

いろんな意見に耳を傾ける、いろんな意見を引きだしてみる・・・そんなことが自然とできるようになったらもっともっと人と話をしたりするのも楽しくなるし、自分自身の視野が広がるのでお得ですよね

自然とできるようになるまで、違う意見が出た時は否定せずまずは聞いてみる・・・そんな姿勢を意識してみるのも良いのかもしれませんね

 

心のバランスをサポートする、バランスサポーターの山岸ひとみでした

 

 

 


ネガティブになったきっかけは必ずある

2015年7月27日

生まれた時からネガティブな思いを持っている人はいないはずです。

おぎゃ~~と生まれた瞬間、「ちっ」って赤ちゃんは思わないですよね。

成長する過程でなにかきっかけがあって、○○できない、○○しちゃいけない、○○だからダメ・・・というネガティブな思い込みが生まれてしまったのです。

 

そのきっかけを知ることで、それは過去のこと、もう今は大丈夫・・・と感じることができたら、きっとそのネガティブはなくなります

そんな簡単にできないでしょと思いますよね。

はい、私もそう思っていました。

でもね、カラーセラピーヒプノセラピーのセッションをしていると、意外とできちゃうのかもと思えるのです。

image2509

ただし、できちゃのは本気で変わろうと思っている方です。

変わるには覚悟が必要なんです。

きっかけはたぶん思い出すのが辛かったりする出来事のことが多いので、そこを見るだけでも相当なパワーを使います。

そこから変わるための意識改革が始まるのです。

 

本気で変わりたいなら、変われるんです。

まずは自分の心の状態を知るとことから始めてみませんか

自分を知ること、そこから変化は始まります

 

心のバランスをサポートする、バランスサポーターの山岸ひとみでした

 

 

 


オンとオフの切り替え

2015年7月26日

オンとオフの切り替え、うまくできていますか

 

仕事時間は仕事に集中し、終わったらゆったりと過ごす。。。

家に帰ってまで仕事をしない。。。

テレビを見ながら仕事のことを考えない。。。

 

できているようでできていないことありませんか

自営業の友人と話をしていて、この切り替えが上手くできなくて、結局24時間仕事してる・・・という状況なっちゃうと言っていました。

ほっほ~

私も以前はそうだったなぁと思いだしました。

自営(自由)業でひとり仕事だと、誰も注意をしてくれなかったり、監視役(?)がいないのでサボり放題・・・もしくは、仕事し放題なんです

定休日はあくまでも会社の定休日であって、自分の定休日じゃないこともしばしば・・・となるとなおさらいつが休みなのか良くわからない状況になります

 

週末がお休みの方は、平日に時間が空いてどこかに出かけたり、仕事を少し離れると罪悪感が出たりするようです

その分、週末も仕事をすることもあるのにね。

集中力を継続するためにも、休憩は必要です。

上手く休憩をとる癖をつけるといいんでしょうね。。。と思う今日この頃です

 

サボり癖のある私は、時間があったらいつまでもボーっとしていられます

逆に、止められなかったらずっと仕事をしてしまう方も多いのでしょうね。。。

自分でちょっと気をつけるだけでバランスが取れるのかなぁ。

 

オーバーワークにならないように、サボり過ぎないように、バランスを考えましょ

 

心のバランスをサポートする、バランスサポーターの山岸ひとみでした

 

 

 


セラピーによる本当の癒し

2015年7月25日

「セラピー=癒し」と思う方も多いように感じます

セラピーを受けてなぜ癒されるのか・・・

それは、自分を見つめ自分をそのまま受け入れられた時に心が満たされ癒されるのだと思うのです。

 

私の場合はカラーセラピーとヒプノセラピーの2種類のセラピーを行っていますが、どちらも自分を見つめる作業になります。

実はこんなことを思っていたんだぁ

本当はこうして欲しかったんだ

こんなことを言いたかったんだ

こうしたかったんだ

これが辛かったんだ

これが悲しかったんだ

 

そんなネガティブとも思える感情があったことを認め、それでもがんばってきた自分がいたから今の自分がいる。

本当にがんばってきたんだなぁと認められたら、心はきっと喜ぶはずです。

そして、辛かった時の自分も一緒に幸せになること・・・そう感じられた時に本当の癒しが来ると思うのです

 

セラピーによる癒しは、覚悟を決めて自分としっかりと向き合い、自分を受け止めた方に贈られるプレゼントです

これからもっともっと幸せになるために与えられたギフト

それが癒しです

 

自分を丸ごと認めることはなかなか難しいかもしれません。

だって辛かった時のことを思い出したり、自分のイヤな面を見るのは楽しいものではないですよね

それを受け入れられたら・・・自分のことがもっと愛おしく感じるに違いないのです

自分を否定していたら心は居心地が悪くなります。

心が安心してリラックスできる状態が癒されている状態です。

自分に「ばんばったね。偉かったね」といっぱい言ってあげてくださいね。

ありがとうといっぱい伝えてくださいね。

 

そうすることが一番の癒しなんですよ

 

心のバランスをサポートする、バランスサポーターの山岸ひとみでした

 

 

 


ありがとうの言葉

2015年7月24日

ありがとう

毎日の生活の中でどのくらい使ってますか

私は最近言う回数が増えているような気がします。

 

この言葉は感謝を伝える言葉ですよね。

そして反対後は・・・【当たり前】だそうです。

存在すること、できること、してもらうことは当たり前と思っていると「ありがとう」はなかなか言えないかも。。。

過去の自分を考えるとそう思います。

 

ちょっとケガをしたり、どこかが痛くなったりすると、いつもなら意識しなくてもできることができなかった時

困った時、いつも助けてくれるパートナーがたまたまいなかった時

毎日お弁当を作ってくれるお母さんがたまたまいない日

 

いつも当たり前と思っていたことが当たり前ではなくなった時、始めてわかるのかもしれませんね。。。

 

それに【ありがとう】を言われて怒る人はそうそういないですよね。

稀に何かのタイミングのずれなどによって誤解が生じて怒らせちゃうこともありますが

感謝されると口ではいろいろ言うかもしれませんが、心の中ではうれしいものです

言葉にしないと伝わりませんもの。

感謝はどんどん伝えましょう

 

先日、銀行のATMに並んでいた時のこと。

長蛇の列で、入り口を塞ぐように人が並んでいました。

少しずつ前に進んで、ちょうど私が入り口近くに来た時、人がひとり通れるくらいのスペースを空けて並びました。

人が来るたびに動くのが少々面倒だったので(めんどくさがりでゴメンナサイ)

20歳くらいの男性が外に出ようとそのスペースを通った時、こちらを見て「ありがとうございます」と頭を下げて行きました。

ぬおっ

私のものぐさの性格によって空けられたスペースなんですが、なんだかとっても心が温かくなりました

きっと子供のころからご両親や周りの大人に感謝することを教えてもらい、素直にそれを実践している青年なんですね

 

やっぱり【ありがとう】は大切でうれしい言葉です

いっぱい言いましょ

 

心のバランスをサポートする、バランスサポーターの山岸ひとみでした