住所

どうせやるなら楽しく♪

2015年5月19日

今日の高等技術専門学院の授業のひとコマ

色彩検定に向けての内容なので、どうしても「合格」という言葉を口にすることが多く、詰め込みの内容になってしまいます。

それじゃぁ楽しくないなぁと思うので。。。

今日は遊んでみました(笑)

 

ベンハムのこまというのがあります。

これは白と黒で描いた絵なのに、回転することでなぜか色を感じる、見えるというものです。

基本のデザインパターンがあるのですが、そのデザインのこまを回して色を確認します。

そして・・・

このデザインでも見えるんじゃないの?

というのを考えて描いてもらいました

 

デザインをする人たちはスゴイですね

こうしたら見えるかな?

とか

このデザインの方がいいかな?

など、考えてちゃんとそれをカタチにしていきます。

 

そしてでき上がったのが・・・

image2458

アンパンマンシリーズができ上がったり、ミッキーもどきがいたり(笑)

細かな幾何学模様があったり。

 

また次回からはテキストを読み進める授業になりますが、たまにはこういう授業もいいよね

 

心のバランスをサポートする、バランスサポーターの山岸ひとみでした

 

 

 


思考を転換する方法

2015年5月18日

先日お客様と話をしていて、こんなことを言われました。

「どうやったらそんなふうに見方を変えたり、思考を変えたりできますか」

と。。。

 

以前の私は何か1つの出来事があると、そこにしか意識がいかず、一点集中してしまいました。

イヤなことがあるとイヤな気分のまま1日を過ごしたり、ちょっと気になるところがあるとそれがイヤになったり。

人に対してもそうでした

 

今は・・・ほんの少しですが、一点集中せずにやる過ごす(?)ことができるようになってきました。

なので、以前よりストレスを感じることが少なくなったような気がします

 

どうしてそうなったかなぁと考えてみたのですが・・・

心の中でネガティブをそのまんま受け入れたり、追及したりしてみたかも(笑)

例えば、誰かに傷つく言葉を言われたとします。

前は「こんなこと言われた、あんなこと言われた、傷ついた」と、思ってキーーーーーッとなっていました。

今は「どうしたらこんなひどい言葉を言えるんだろう」と分析してやります(笑)

どんな性格だったらこんなことを言っても平気なんだろう

と、勝手に分析しちゃうの(笑)

本当の性格はもはやどうでも良い状況です

 

でもね、そんなふうに勝手に解釈をすることで何となく心がスッとするんです。

最初はそんな感じだったかもしれません。

そのうち、その人自身を思いっきり観察してみるようになりました。

そうすると、自分とは感覚が違うとか、考え方が違うと本当に思えるようになるんですよね。。。

同じ感覚を持っていない人に対してイライラしても時間の無駄かなぁと思ったり

 

なので、イヤなことやイヤな人から目を背けずに、片目でいいので、ちょっと観察してみると良いかも

その中から意外な面が見えて見方がイヤだなぁ、苦手だなぁと思う人のこともちょっとだけ好きになれたり、苦手じゃなくなったりすることもありますよ

 

心のバランスをサポートする、バランスサポーターの山岸ひとみでした

 

 

 


どのカラーセラピーを受けるのがいいの?

2015年5月17日

色彩ひろばcouleurでは、6種類のカラーセラピーを受けることができます。

予約時に「どのカラーセラピーがお勧めですか」と聞かれることもあります。

どのカラーセラピーもお勧めなので、実際にボトルを見ていただいてどのカラーセラピーを受けるかを決めていただくことが多いです

image1800

たぶんどのカラーセラピーを受けたとしても、同じような結果になると思います。

アプローチの方向がちょっと違うのですが、基本的に今の心の状態を見つめる・・・というのは共通なので、どれを使っても同じなのです

ただ、ボトルとの相性や、好みもありますので、お客さまに選んでいただくのが一番かなぁと思っています

 

自分の心を見つめる・・・それがカラーセラピーです

 

心のバランスをサポートする、バランスサポーターの山岸ひとみでした

 

 

 


パワーランチ♪

2015年5月16日

本日の旭川パワーランチ

まったりと8人でおしゃべり

 

今日は走る方が多かったため、ランの話と筋肉や腱の話と言うマニアックな感じでした(笑)

それでも年齢的に健康についてのことが心配になるお年頃の方が多かったため、みんな真剣(笑)

痩せなきゃ~~

とか言いながらお肉を頬張っておりました

おいしく食べて、健康的に痩せる・・・それが1番ですね

 

もうひとつ、今日の話題をさらったのは・・・

自撮り棒(笑)

どうやって撮るんだとか、わいわい騒ぎながら撮影してました

「いつも山岸さんは撮る側だから写ってないんだよねぇ・・・」と気にかけてくださっていたようです。。。

うれしいですね。

image2456

ということで、今回は私も写ってます

 

和気藹々とランチをしたい方はぜひぜひご参加くださいね。

お待ちしております

 

 

 

 


どーせ無理

2015年5月15日

「どーせ無理」という言葉をなくしたい

植松努氏の講演会に行って参りました。

旭川高等技術専門学院の学生さんのために企画された講演会でしたが、「もし良かったら・・」と声をかけていただいたので、喜んで参加させていただきました

時間講師やってて良かった

image2455

何年か前にも聴いたことがあるのですが、今回もやはり楽しい時間となりました。

 

諦めることを知らずに生まれたはずなのに、いつの頃からか「私なんて・・・」とか、「できない・・・」とか、「失敗するかもしれないし・・・」と諦めることを覚えてしまったのか。。。

それは経験していない人によって諦めることを受けつけられたのだと。。。

 

夢があるならそれはたくさんの人に言った方がいいとおっしゃっていました。

うんうん

私もそう思ってました。

誰がその夢に反応してくれるかわからないから、誰かに「無理」と言われたからと言って話すことを諦めたら、協力してくれる人と出会うチャンスをなくすことになると思うのです。

それはもったいない

 

そして、心に残ったのは・・・

「人口が減った時代を経験している人は今はいない。だから今までの経験は通用しない世の中になる。」

確かにそうですよね。

経験したことはその中から何かヒントがあったり、ノウハウがあったりしますが、経験していないことはわからないから、どうしていいかわからない。。。

私たちの若いころは・・・というのは通用しないんですよね。

ついつい言ってしまいますが

 

誰かが夢を語っていたら否定せずに応援できる人でいたいと思いました。

やり方がわからなくて困っている人がいたら、自分の経験の中から話せることは語りつくそうと思いました。

 

「どーせ無理」

ではなく

「こうしてみたら」

と言える人になりたいと改めて感じた時間でした。

 

今日は少しモヤッていたのですが、植松さんの講演を聴いてとってもスッキリしたのでした

声をかけてくださった先生方に感謝です

 

夢を諦めることなく、わくわくしながら実現していくのがいいですよね。

自分の人生ですもの、夢を叶えましょう

 

心のバランスをサポートする、バランスサポーターの山岸ひとみでした